価値と価格はぜんぜん違う


 

あまりにも物が多かったので「亜論茶論」で食器や雑貨のフリマをしたんですよ。

ほとんどのものが無料とか100円とかっていう破格で。

たくさんの人が来てくれて、それぞれの手に渡って、片付けながらふと思ったことを徒然と。

 

 

・「届く場所」に置く、「届く棚」を作る。

僕にとってみれば不要な物だったり、喫茶店の備品はどこにでもある物。

でも他の人にしてみたら、見慣れないものだったり、手に入らない物だったりしたわけです。

それが無料だったり数百円で売ってるもんだから、すごく喜んでもらえた。

 

”喜んでもらえそうな誰か”に情報が届く仕掛けは必要だと思う。

同じものでも「どの棚に置くか」で価値は変わるんだし。

 

相対価値の高い場所に自分で棚を作って、そこに置こう。

 

 

・「亜論茶論」っていう場所が良かった。

SNSの写真や僕のブログではちょいちょい出てくる場所なんだけど、実際に来たことある人は限られていたので、その興味を「体験」にできたことが良かった。

みんな「物を買いに来た」んじゃなくて、「訪ねてきた」感じがしたんですよね。

 

全くの未知ではなく、「ちょい既知まだ未知」が一番気になるっていうやつ。

これは場所に限らずあらゆるコンテンツに当てはまると思う。

 

人でいうと「ミステリアスな部分に惹かれる」っていうのと同じ。

亜論茶論はこれからもぼんやりさせていこうと思った。

 

 

・僕らは「価格」のやり取りじゃなくて、「価値」のやり取りをしていた。

「これも無料でいいの?」、「なんでこんなに安くするの?」と度々聞かれたんだけど。ちょっとここで種明かしをしますね。

(あんまり言うと角が立ちそうだけど)

 

 

例えば、自分が5000円で買ってほとんど使っていない鍋があったとします。

ネットオークションで見ると3000円くらいしてたとしても、自分でフリマで1000円で販売したとして。

 

当然、「え!こんなに安くでいいの?」っていうことが起きるんですね。

 

でもこれって、「(3000円くらいしてもいいはずなのに…)いいの?」っていうことなんです。

 

ということは、”3000円の価値”をお客さんは感じているっていうこと。

それを1000円で買えたんだから、2000円分くらいの「価値」がお客さんの手元には残っていることになりますよね。

「得した!」ってやつです。

 

 

そもそもは、僕らは。

【 現金で支払った1000円という価格+得した2000円分の価値=はじめに感じた価値(価格) 】

っていう、価格と価値の総量でもって買い物という「等価交換」をしているわけなんです。

 

 

で、今回。

僕が大事にしたのは、「自分が手に入れた価格(お金)」ではなく、「相手が手に入れた、等価交換できていない未精算の価値(恩)」なんです。

(※わかりやすくするために便宜上「恩」と言ってますが、あくまで比喩です)

 

ざっくり言うと、「うえしばくん、ありがとー!!」をたくさん集めたことになります。

細かく言うと、「関係資本」をたくさん集めたってことです。

 

 

ここに集約させようと思うと大事なのはこの2つ。

・僕自身が顔出し実名で面と向かってやる。

・自分の暮らしの範疇(生活圏)でやる。

 

「メルカリで売る」とか「リサイクルショップに持ち込む」とかっていう、日頃関わりのない人のところに向かって価値を流してしまうと、価格で返ってきても価値で返ってこないので。

 

「無記名の即時決済」は、価値の循環に繋がらないんです。

代理や代行を立てるのも、効果半減ですよね。

 

 

こんなこと言うと「恩着せがましい」とか言われそうなんだけど、喫茶ピーコックが地域で半世紀以上に渡ってやっていけてるのは、「恩送りと恩返しのラリー」によるものです。

 

400円くらいしそうなコーヒーを350円で出しているので、50円分の価値をその日はお客さんが持って返ることになります。(=恩送り)

そして次の日、その50円分の価値を返しにまた来店されるわけです。(=恩返し)

 

 

地域の中で経済資本(お金)の循環ももちろん大事だけれど、関係資本(恩)の循環も大事。

価値と価格をバランス良く扱えるように。

 

 

スナックのママさんが言っていた「ツケがなくなったら店は終わりよ」っていうのが、ここ最近やっとわかってきました。