ギブアンド俳句

  さて。 10年後とは言わず、もっと早くにこうなるんかなーと思うんですよね。 というか、早くこうなってほしい。       僕はよく「恩送り・恩返し」って話をするんだけれど、それは対面2者間じゃなくって、巡り巡ってっていう方が良いなと思っていて。  … 続きを読む→

ゆいまーる世界

  僕らはついつい月給とか年収とか資産とか「獲得したもの」でその価値を計りがちだけれど、「未決済の価値」を含めて考えると、価格=価値ではないわけです。   ようするに「贈った価値≠獲得した価格」なんですね。 で、うまくいくのは「贈った価値>獲得した価格」。 自分が贈った未決済の価… 続きを読む→

器用貧乏のすゝめ

  さて、時代は器用貧乏です。 実はいま、器用貧乏が求められています。     また何を言うとるんやと思われがちですけど、順を追って説明します。 何の専門性も知識もない僕が憶測で書いてるのでご参考までに。 あくまで僕の仮説というか妄想というか、こうなんちゃうかなって話な… 続きを読む→

価値と価格はぜんぜん違う

  あまりにも物が多かったので「亜論茶論」で食器や雑貨のフリマをしたんですよ。 ほとんどのものが無料とか100円とかっていう破格で。 たくさんの人が来てくれて、それぞれの手に渡って、片付けながらふと思ったことを徒然と。     ・「届く場所」に置く、「届く棚」を作る。 … 続きを読む→

人一倍の努力はしない

  「努力」という言葉、「がんばる」っていう表現はすごく難しいですよね。     みんなができている跳び箱が跳べなかった時。 テストで平均点に満たなかった時。     他より劣っていたり、満たなかったりすると、周りは「努力しよう、がんばろう」と言うけ… 続きを読む→

迷路から探検へ

時代は迷路から探検へと変わったんです。     1枚の地図を頼りにみんなでゴールを目指す時代から、それぞれの目的で、それぞれの方法で、それぞれのルートで、それぞれのゴールを目指す。   なんならゴールなんて目指さなくてもいい!くらいの時代が来ました。   &n… 続きを読む→

一生懸命を笑え

  「真剣に、一生懸命に」というと、やっぱり「真面目に!」みたいな話になることが多いと思うんですよね。 笑っちゃいけない、茶化しちゃいけない、よそ見しちゃいけない、みたいな。   僕がこの、「一生懸命を笑え」という言葉を作った時にも同じようなことを言われたんです。 何ていうか… 続きを読む→