おつかれさま

  「疲労を伴う充実感」ってあるじゃないですか。   仕事とかで「いやー、今日は疲れたなー!がんばったわ俺。」みたいな。       でもそこでちょっと気をつけたいのが、「疲労を充実の指標にしないこと」だと思ったんですよね。   「疲れたか… 続きを読む→

身と心

  ここ最近はビジネスとかライフハック系ではなく、自己啓発、特にスピリチュアル寄りの本をよく読んでいます。 やる気が出る!とか、行動する!とかそういう対外的な話ではなくて、自分と向き合うだったり、生き方を見つめ直す的な本。   よくいう、マインドフルネスとか禅とかもちらほら… 続きを読む→

これは僕の何なんだ

  少しの間、インターネットから離れていたので、ざっくり言うと「情報」に疎くなっていたんですね。   「目の前のことだけやっていた」感じかな。   朝起きて、支度をして、雑務をこなして、ご飯を食べて、仕事をして、趣味をして、体操して、寝る、みたいな。   &n… 続きを読む→

喫茶と文筆

  3年前、こんなことしてるなんて思いもしなかった。   5年前、ぜんぜん違うことをしていた。   10年前、お気楽に暮らしていた。       20年前、喫茶店でアルバイトをしながら、文章を書いていた。     &nb… 続きを読む→

決断

  自粛だ自粛と言ってしばらく休んでたけど、これはこれで良かった。 というか、たぶんそうなんだろうなということがしっかりとつかめた感じがする。     日頃から「はたらくということ」だったり「時間の使いかた」については考察を続けているんだけど、そのぶん「自分に時間を使う… 続きを読む→

自粛

  去年の初めに「不労のフロー」という記事を書きました。   「時間を稼ぐ」という名目で1日4時間しか働かず、そんな自分に何が起こるのかという人体実験です。       そこでも書きましたが、仕事の本質は「得る行為」ではなく「与える行為」なのであると… 続きを読む→

放課後

  コロナウイルスによる自粛や時短営業、休業やリモートワークなどなど。 「時間」というものの捉え方が再考されるような気がしています。     これまでは「早わざ!」とか「時短家電」とか「効率化」のような、「いかにして時間を生み出すか」、裏を返せば「時間がない!」っていう… 続きを読む→

そもそも

  ここ数年は「暮らし」だとか「生活」について色々と考えてきました。   「生きていく」ということも。       僕らは何に希望を持って、何で絶望して、どうなれば豊かで幸せなのか。 何に向かって生きていて、死ぬとはどういうことなのか。  … 続きを読む→

誰かのために

    「緊急対策支援の額が低い!」とか「世界各国はこうだ!」とかってグラフや表を持ち出して騒ぐ人がいる。   たしかに事実、そうかもしれない。 でもそれを嘆いたところで、隣の人の喉の渇きが潤うわけじゃない。         僕ら… 続きを読む→

俺は俺の死を死にたい

  「俺は俺の死を死にたい」     僕の大好きなブルーハーツの歌にあるんだけど、当時はこれを聴いても言葉の意味がさっぱりわからなかったんですよね。 たぶん、中学生くらいだったかな。       で、ここ最近のコロナウイルス騒動の中で思うん… 続きを読む→